物語コーポレーション
MENU

限りある資源を有効活用し、循環型(リサイクル)社会に貢献できる企業

食品ロスへの対応

目標
2030年目標 2050年目標
売上高百万円あたりの食品ロス30%削減 売上高百万円あたりの食品ロス50%削減
  • 廃食油のリサイクル全店実施及びリサイクル率100%
  • 35店舗において食品残差をバイオマス燃料等にリサイクルを実施
  • 自社独自のフードロスチャレンジを実施(食べ残しゼロチャレンジ)
  • 客席(タッチパネル)でのロス削減POP設置
  • 賞味期限延長(糖質カット麺)
  • フードバンクへの食材提供を実施、3年で6団体約200万円分提供 (東三河フードバンク等)

脱プラスチック

目標
2030年目標 2050年目標
使い捨てプラスチックにおいてバイオマス素材比率80%の状態 使い捨てプラスチックにおいてバイオマス素材比率100%の状態

バイオマス素材比率拡大推進

  • お客様が使用する「ストロー」「持ち帰りスプーン」「持ち帰り袋」をバイオマス素材のものに変更
  • 全業態全店エコ箸の使用(一部割りばし使用あり)

水資源の有効活用

目標
2030年目標 2050年目標
お客様1000人当たりの水使用量が2020年対比で10%削減されている状態 お客様1000人当たりの水使用量が2030年対比で20%削減されている状態
  • 水使用量削減
    節水コマ設置推進

3R(リデュース、リユース、リサイクル)

目標
3Rの取り組みが継続的に実施されている
廃棄量が削減されている
  • プラスチックコップを店舗で使用するテーブルウェアとサーバーレストにリサイクル

データ集

環境・プラスチック

項目 2020年度 2021年度 2022年度
プラスチック 使用量(t) 58.52 66.80 86.39
原単位(kg/百万円) 1.1 1.2 1.3