1. キャリア採用トップページ
  2. 社員紹介(村上淳一)

社員紹介

村上 淳一 2013年キャリア入社 ゆず庵 店長
2013年7月  入社
2013年12月 ゆず庵店長昇格
2015年7月  物語ファミリー コンベンション 「最優秀店長賞」受賞

物語で見つけた、新しい夢に向かって!

夢を追いかけてブラジルにサッカー留学をしていた村上。しかし、その道を諦めて帰国し、日本でハンバーガー店スタッフやレストラン店長をすることになった。
「当時、自宅の近所の『焼肉きんぐ』によく行っていて、接客やお店の雰囲気はすごく良くて印象的だったのですが、物語コーポレーションのことは知りませんでした」その後、転職するときに初めて物語コーポレーションのことを知り、理念に共感したという。
そして、家族から飲食業への転職に反対されながらも、自分の信念は曲げたくない、自分の決めた道に進みたいという想いで入社を決心した。入社後の社員総会に家族が招待されたことで、会社の雰囲気を感じてもらうことができ、家族も応援してくれてるようになった。

村上は、寿司としゃぶしゃぶの食べ放題を提供している「ゆず庵」で、店長をしている。店舗の状態や売上などをチェック、それにOJTを中心とした部下の育成に忙しいが、村上の表情は明るい。
「物語コーポレーションで働くようになって感じるのは、本当にすべてがキラキラしているということです。社員も、アルバイトも、お店もです。この会社は、特に人と人とのつながりが強く、尊敬できる人が社内にいますし、その人が尊敬するまた別の人もいるんです」これからさらにキャリアアップして、さらに多くのつながりを作っていくのが村上の次の目標だ。

入社の決め手は?

HPを見て会社のことを調べたときは、正直、自分がこの会社に入るのは難しいのではないかと思ったりもしました。
でも、会長が挫折を味わったという経験談を聞いて、この会社は学歴や経歴ではなく、人として、個人として見てくれている会社なのではないかというのを実感して、飛び込んでみようと思いました。

社会人として大きく成長したきっかけは?

多くの物語コーポレーションの人たちに出会ったことです。
この会社の人たちからは、意思決定の大切さ、そして決めたことを徹底して貫くことの大切さを学びました。一人ひとりが自立することで成長し、それが会社の成長にもつながるということをしっかりと理解して、それを実践しているのを肌で感じました。

原動力となっているのは?

部下が成長し、数値も達成して一緒に喜びを感じているときに、一番達成感があります。おかげさまで、社員総会で最優秀ストアマネジャー賞を獲得したこともあり、そのときは店舗に関わるすべての人に感謝しました。
でも最初からうまくいっていたわけではありません。引き継ぎで店長をやることになったときは、本当につらくて店にいても笑顔になれたことが少なかったと思います。それでも成長してこれたのは、多くの仲間に出会い、自立することを学んだからです。それに、なんといっても家族の存在は欠かせません。家族がいるからこそ、仕事ができているのだと感じています。

将来の夢は?

以前は、いつか独立したいと思っていましたが、今は違います。
この会社をもっと成長させられるよう、来年にはエリアマネージャーになって、遅くとも5年後には新しい業態を自分でゼロから作っていきたいです。そして、子供たちが憧れる仕事をしながら、家族と一緒に年に2回は海外旅行できる生活を実現していきたいですね。

キャリア採用エントリーはこちらから