物語コーポレーション
MENU

基本的考え方

当社は事業活動に関する全ての法令の遵守と、社会からの信頼と評価を得る為の企業倫理を徹底し、コンプライアンスの推進をはかるための具体的事項を定め、当社に対する社会からの信頼を確保する為、経営の最重要課題の一つとして取り組みます。

コンプライアンス行動方針

  1. 『お客様からの信頼を確保するために』

    法令および法令に基づき定めた規則、その他の社内諸規程を遵守し、お客様のご意見を尊重し、お客様のご満足を第一として事業活動を行う。

  2. 『株主・投資家からの信頼を確保するために』

    会社法および金融商品取引法等の企業経営に関する法令を遵守し、健全な事業活動を行うとともに、適法かつ適正な情報開示を行う。

  3. 『取引先との信頼を確保するために』

    公正かつ自由な取引を確保し、カルテルや談合、優越的地位の濫用など、独占禁止法違反となるような行為は行わない。全ての取引先が、当社と対等の立場にある良きパートナーであることを十分認識して、公正かつ誠実に対応する。

  4. 『従業員との信頼関係を確保するために』

    労働関係法令を遵守し、従業員の多様性、人格および個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、各自の人権を尊重し、差別や性的嫌がらせにつながるような言動や、個人の尊厳を傷つけるような言動は行わない。

  5. 『社会からの信頼を確保するために』

    関連法令を遵守し、許認可取得、届出および報告等の手続きを適時的確に実施し、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、一切の関係を遮断・排除する。また、全ての事業活動に当って、環境保全を重視するとともに、環境に関する法令および社内規程を遵守し、企業市民として、社会貢献活動に積極的に参加することにより、社会の発展に寄与する。

  6. 『コンプライアンス態勢の整備』

    コンプライアンスに反する事案が判明した場合、役職員は直ちに是正する。また、自ら是正できない事案については、関係部署に報告し、是正措置を求める。これらの方法によっても、早急な是正が見込まれない場合は、社長を委員長とする内部統制推進委員会に報告するものとし、同委員会が是正措置を行う。

    <組織体系図>